入院について

入院について

入院に際して

入院のしおりPDF(改訂:平成28年7月)

hospitalization-guide

PDFのダウンロードはこちらから

【入院のしおり】

1.入院決定

入院は医師の診断結果により、入院治療の必要性を認めたときに決定されます。

当院は、主に急性期疾患の治療を行う病院です。
急性期の危険な状態から脱し病状が安定し軽快に向かっている方、手術後の経過が良好で経過に向かっている方等に対して、南部病院やほかの病院を紹介し転院していただく場合があります。
また、緊急入院等や病状の変化により病室の移動をお願いする場合がありますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。

2.入院手続き

入院当日、1階入院受付窓口において入院手続きを行います。
下記の書類等をご用意ください。

  • ・診察券
  • ・入院申込書
  • ・印鑑
  • ・健康保険証、その他公費をうけられている方は各受給者証(※注1)

緊急入院の場合は、入院後速やかに入院手続きをお願いします。

当院以外の医療機関でお薬が処方されている方は、入院時に薬を必ずご持参ください。

※注1健康保険証の提示が遅れますと、その間は自費(全額自己負担)扱いとなります。
 入院中に健康保険証の記号・番号の変更や住所の変更がある場合は、1階会計窓口又は各病棟医事担当までご連絡ください。

3.入院に必要なもの

ご持参される物は必要最小限にお願いいたします。

洗面用具一式(洗面器、石けん、歯ブラシ、歯磨き粉、シャンプー、タオル、バスタオル)、肌着、箸、スプーン、湯呑み、
ストロー、ティッシュペーパー、上履き等

入院中の生活について

1.入院中守っていただくことは・・・

■入院中は医師や看護師の指示や日課をお守りください。

■電話の取り次ぎは原則としていたしておりません。職員を通しての伝言とさせていただきます。

■院内での電気機器類(テレビ、ビデオ、パソコン、扇風機等)の持ち込みは、病院の電力許容量がありますので、禁止しております。

■消灯時間は午後9時となっております。

■患者様の病状・看護管理上、状況により、お部屋の移動や病棟の移動をお願いすることがあります。

■院内への危険物の持ち込みは禁止となっております。

入院中に他の医療機関を受診する場合は、必ずスタッフまでお申し出ください。

■次の場合は、退院していただくことがあります。

  •  ※入院中の規則が守れない場合
  •  ※院内の秩序を乱したり、他人に迷惑をかけた場合

2.ネームバンドの着用および氏名の掲示について

■当院では、入院中すべての患者様の安全管理のためネームバンドの着用をお願いしております。

■安全管理のため病室の入り口とベッドへ名前を掲示いたします。 掲示したくない場合はお申し出ください。

3.お食事は・・・

■食事時間について・・・

  • 【朝食】午前8時前後
  • 【昼食】午後12時
  • 【夕食】午後6時
  

■食事は病状により決められた栄養量の食事が出ます。
■それ以外の食事や間食は治療の妨げになることがありますので、医師及び看護師の許可を受けてください。

4.寝具は・・・

■寝具、病衣は病院で用意いたします。病衣は病院から借用するか、ご自分で用意されるか患者様の選択で決めることができます。
なお、病衣の貸与を希望する方には1日あたり70円(税別)で貸与しています。

■寝具について・・・シーツ交換は病棟ごとに交換日が決まっております。
シーツ等が汚れた場合は、定期交換日以外にもお取り替えいたしますので、スタッフに連絡ください。

5.外出・外泊について

■外出・外泊の際は、主治医の許可が必要です。希望する場合は事前に担当看護師にご連絡ください。

■外出・外泊の際は、届け出用紙の記入があります。

■外出・外泊時、帰院予定の時間に戻れないときは、病棟へご連絡ください。

6.テレビの使用について

■テレビの使用の際にはプリペイドカードが必要です。カードは各病棟で購入できます。

■テレビを鑑賞する際にはTV用イヤホンを使用してください。(売店にて販売しております)

■使用しないプリペイドカードは1階会計窓口前の精算機にて払い戻しができます。

7.貴重品について

■金銭、その他の貴重品は、盗難防止のため各自で十分注意してください。

■床頭台のカギは個人の責任で管理していただいております。
(カギを紛失した際は、1,500円(税別)の負担金を徴収させていただきます。)

8.付き添いについて

■当院では付き添いは原則として必要ありません。ご家族の付き添いを希望される場合は医師又は師長へご相談ください。

■付き添い許可届け出用紙の記入があります。

9.携帯電話について

■携帯電話の発する電波は医療機器の誤作動など影響を及ぼす場合があります。

■院内では携帯電話の電源をお切りください。

■院内で携帯電話を使用する場合は指定された区域内でご使用ください。

10.非常時には・・・

■火災等の非常時には、医師や看護師、病院職員の誘導に従い避難してください。

■非常口・避難階段の場所を入院の際にお確かめください。

■非常時には、エレベーターは絶対に使用しないでください。

11.駐車場について

敷地内の駐車場は「外来患者様専用」です。
入院療養期間中の自家用車・バイク等の敷地内への駐車は堅くお断りいたします。

退院について

退院の際は、主治医の許可が必要です。

前日までに退院が決まっている方は、午前10時までに退院をお願いいたします。

退院決定につきましては、経過が良好な場合は予定より早めの退院をお願いすることがあります。
※診断書の必要な方は、必要書類(生命保険会社等)を取りそろえ、退院日に1階文書受付窓口まで提出お願いします。
 後日、受渡しとなります。

面会について(時間厳守をお願いします)

面会者は各病棟の看護師に申し出て、許可を得てください。
(病状により面会を制限させていただく場合があります。ご了承ください。)
【面会時間】平日 午後3時~午後8時/休日 午前10時~午後8時

※特定集中治療室(ICU)及び高度治療室(HCU)入院患者様への面会
集中治療室及び高度治療室は、患者様を細菌感染等から厳重に防護するため、特別な清潔保持区域に指定されていますので、外部からの立ち入りについては制限を設けております。面会についての手続きをお守りいただきます。

  • 【ICU面会時間】午前6時30分~午前7時/午後12時~午後1時/午後6時30分~午後8時
  • 【HCU面会時間】午後2時~午後4時/午後6時30分~午後8時

個室料金について

個室料金表(1日あたり)※高額医療制度対象外

金額(税別) 病棟名(病室数)
6,000円部屋 3階西病棟(2室)・3階北病棟(2室)・8階病棟(1室)
7,000円部屋 3階病棟(1室)・4階病棟(8室)・5階病棟(4室)
・6階病棟(4室)・8階病棟(2室)
8,000円部屋 7階病棟(24室)
20,000円部屋 4階病棟(2室)
40,000円部屋 7階病棟(1室)
50,000円部屋 7階病棟(1室)

■個室希望の患者様は、基本的には7階病棟となります。
■入室日・退院日についても、個室料金をご負担いただくことになります。
■1泊2日の入院の場合、差額ベッド代は2日分の料金となります。
■0時から24時の時間帯内の数時間利用でも1日分として計算いたします。

<例1>個室病棟を4月1日午後1時に入院、4月3日午前10時に退院となった場合
   差額ベット代:8,000×3日=24,000円(税別)


<例2>個室病棟を4月1日午後1時に入院、4月3日午前10時に4人室に転室した場合
   差額ベット代:8,000×2日+0円×1日=16,000円(税別)

   ※23時59分に在室しているお部屋の料金が適応となります。
  (退院日であれば退院時点に在室している部屋の料金を適応します)

■既にお部屋が満室になっている場合など、ご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。
※交通事故・労災での入院についても個室をご希望される場合は、個室料金が別途発生いたします。

療養上のご相談や、ご意見等がございましたら看護師長へお声かけください。

入院費用について

1.70歳未満の方の限度額認定証について

限度額適用認定証」と健康保険証を合わせて1階会計窓口に提示すると、入院時の1か月(1日から月末日まで)の窓口負担が自己負担限度額までとなります。(個室料金・保険外負担分・食事代等は別途費用がかかります。)

★70歳未満の方の自己負担額:外来・入院共通
(詳しくはご加入の健康保険へ確認されてください)

被保険者の所得区分 ひと月の自己負担限度額(3回目まで) 多数該当(※1)
①区分ア
年収約1,160万円〜の方
健保:標準報酬月額83万円以上の方
国保:年間所得901万円超の方
252,600円
+(総合医療費ー842,000円)×1%
140,100円
②区分イ
年収約770万円〜1,160万円の方
健保:標準報酬月額53万円以上83万円未満の方
国保:年間所得600万円超、901万円超の方
167,400円
+(総合医療費ー558,000円)×1%
93,000円
③区分ウ
年収約370万円〜770万円の方
健保:標準報酬月額28万円以上53万円未満の方
国保:年間所得210万円超、600万円超の方
80,100円
+(総合医療費ー267,000円)×1%
44,000円
④区分エ
年収約370万円の方
健保:標準報酬月額28万円未満の方
国保:年間所得201万円超の方
57,600円
44,000円
⑤区分オ
住民税非課税の方(※2)
25,400円
24,600円

【例】手術等100万円の医療費が必要となった場合(所得区分:区分ウ、窓口負担割合:3割の例)

  • ①患者様が限度額認定証申請・交付
  • ②病院へ健康保険証及び限度額認定証を提示
  • ③9万円程度の医療費と食事代等の自己負担分を窓口にお支払いください。
     ※申請しない場合は30万円程度のお支払いが必要になります。
      お支払い後、保険者に対して高額療養費の支給申請を行うと21万円程度の払い戻しがあります。

2.70歳以上の方の限度額認定証について

★70歳以上の方の自己負担額

区分 自己負担限度額(月額)
【外来(個人ごと)】
自己負担限度額(月額)
【入院及び世帯単位の外来】
所得区分
現役並所得者
44,400円 80,100円+
(医療費-267,000円)×1%
【多数該当:44,000円】(※1)
自己負担が3割の人
一般 12,000円 44,400円 一定以上の所得者、住民税非課税者以外の人
住民税非課税:低所得Ⅱ 8,000円 24,600円 世帯主および世帯全体が住民税非課税
住民税非課税:低所得Ⅰ
(※注2)
8,000円 15,000円 Ⅱであって、各種所得から必要経費・控除を差し引くと所得が
0円になる世帯

※1 高額療養費を申請される月以前の直近12ヶ月の間に高額療養費の支給を受けた月が3ヶ月以上ある場合は、
   4ヶ月目から「多数該当」という扱いになり、自己負担限度額が軽減されます。
※2 市区町村民税が非課税の方は、加入している保険者へ手続き方法などお問い合わせください。

3.入院時の食事代金について

★入院時の食事代の標準負担額(1食あたり)

一般の被保険者の方 360円
市民税非課税世帯
低所得者Ⅱ(申請された場合)
90日までの入院 210円
過去1年間の入院日数が90日を超える入院 160円
市民税非課税世帯
低所得者Ⅰ(申請された場合)
70歳以上のみ、老齢福祉年金受給権者 100円

※申請方法等詳細については1階会計窓口又は各病棟医事担当へお尋ねください。

医療相談・地域連携室について

当院は身近な地域での「かかりつけ医」をもつことをお勧めしています。

 当院は、地域の診療所(クリニック、医院)の医師にあらかじめ当病院に「登録医」として登録を頂いております。「登録医」からのご紹介の患者様が当院で入院治療や検査を必要とする場合、登録医の先生と共同して診察を行い「かかりつけ医」と連携を図りながら継続した医療を提供いたします

※かかりつけ医をお持ちでない方
当院では退院後に症状が安定または軽快された患者様に継続治療や健康相談等をしていただける身近な「かかりつけ医」をご紹介しています。

当院の医療相談・地域連携室のご案内

  • ●病気・治療への不安(相談)
  • ●退院後の相談
  • ●治療費が心配
  • ●ご意見・苦情等
  • ●福祉や介護制度の相談
  • ●その他患者様相談
  • ●地域の医療機関との連携
  • ●かかりつけ医の紹介
  • ●セカンドオピニオンについて

(詳しくは、医療相談・地域連携室にお尋ねください)

患者相談窓口(相談は無料)

 当院では患者様・ご家族様等からの相談を患者サポートチームでお受けいたします。

 患者様が安心して療養に専念できるように専任の相談員(看護師・社会福祉士等)が療養上の相談や病院・職員に対する苦情や不満、意見等の相談に応じております。ご相談の内容については、プライバシーに十分配慮し秘密厳守で対応いたします。
どうぞお気軽にご利用ください。

【受付時間】月曜日から金曜日・・・午前8時30分から午後5時30分まで
            土曜日・・・午前8時30分から午後12時30分まで
【電  話】(098)850-3811(代表)

診療記録の開示について

 当院では、患者様が理解できるような言葉で治療の内容を十分に説明し、医療者側と患者様が相互に信頼関係を保ちながら、共同して疾病を克服することを目的として、患者様の求めに応じて診療記録の提供に努めます。ただし、家族、親族といえども患者様個人の同意(委任状等)がない場合、基本的には診療記録の提供はいたしません。

おおまかな流れ(詳しくは、1階医事窓口にお尋ねください。)

  • ①患者様からの申し出
  • ②医事課窓口
  • ③主治医の確認
  • ④院長の確認
  • ⑤患者様への開示

※申請受理後お渡しするまでに通常3週間程度 の期間をいただきます。

患者様の個人情報保護について

当院では患者様の個人情報の保護に万全の体制をとっています。

当院では、患者様の個人情報については下記の目的に利用し、その取扱いには万全の体制で取り組んでいます。
なお、疑問などがございましたら担当窓口にお問い合わせください。

豊見城中央病院 院長

当院での患者様の個人情報の利用目的は

1.院内での利用

  • ①患者様に提供する医療サービス
  • ②医療保険事務
  • ③入退院等の病棟管理
  • ④会計・経理
  • ⑤医療事故等の報告
  • ⑥当該患者様への医療サービスの向上
  • ⑦院内医療実習への協力
  • ⑧医療の質の向上を目的とした院内症例研究
  • ⑨その他、患者様に係る管理運営業務

2.院外への情報提供としての利用

  • ①他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業所、救急隊等との連携
  • ②他の医療機関等からの紹介への回答
  • ③患者様の診療等のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
  • ④検体検査業務等への業務委託
  • ⑤ご家族への病状説明
  • ⑥保険事務の委託
  • ⑦審査支払機関へのレセプトの提供
  • ⑧審査支払機関または保険者等からの紹介への回答
  • ⑨事業者等から委託を受けた健康診断に係る、事業者等へのその結果通知
  • ⑩医師賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談または届出等
  • ⑪その他、患者様への医療保険事務に関する利用

3.その他の利用

  • ①医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
  • ②外部監査機関・行政機関への情報提供
  • ③医療の質の向上を目的とした研究
  • ④医学発展のための学会発表資料
  • ⑤院内がん登録情報の地域がん登録への提供
  • ⑥院内がん登録による予後調査(地方自治体・国の機関・他の医療機関への照会)
  • (1)上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、
       その旨を担当窓口までお申し出ください。
  • (2)お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
  • (3)これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更等をすることができます。

ページトップへ戻る