当院のがん治療について

About our cancer care

当院のがん治療について

当院のがん治療について

「全く症状がないのに、健診で乳がんと言われた。これからの生活と家族の事が心配。」「膀胱がんになった。膀胱をとってしまうのか。」「家族が肺がんと言われた。本人には絶対に言わないで。」がんと診断された時の、ご本人やそのご家族の心のダメージの大きさは計り知れません。それらの不安や悩みを少しでも支援する為に、私たち豊見城中央病院は、がんと診断された初期の段階から患者様とそのご家族に寄り添い、包み込む体制を整えてきました。患者様が、外来診察室で初めて診察を受ける段階から、多くの医療関係者が同時に患者様の支援への関わりを持ち始めます。本コーナーでは、がんについて、私たち豊見城中央病院が常に提供し支援しているさまざまな取り組みを紹介し、医師やスタッフが提供している専門的ながんの最新の治療を詳しく解説しています。がんの診療について、もし何かありましたらお気兼ねなく、当院へお問い合わせください。

主ながん治療の紹介(疾患別)

当院や友愛会におけるがんに対する取り組みについて

がん治療に関しては各々の患者様の病状はもちろん、年齢・状態も異なるため、その方にとって最善の治療を考えることが求められており、多職種によるチーム連携が重要です。当院や友愛会では「患者様に優しいがん治療」「体に負担の少ない低侵襲治療」を追求するがん治療にたけた医師の他にも、ピアカウンセリングナース・がん薬物療法認定薬剤師、・がん病態栄養専門管理栄養士・がん化学療法看護認定看護師等スキルの高いパラメディカルスタッフがおり、患者様の状態に応じた最適な治療をチームとして提供できる体制を整えています。

友愛会がん情報委員会

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは患者様が納得のいく治療法を選択することができるように、診断や治療方法について主治医以外の医師に意見を聞くことです。当院は患者様、ご家族がより安心して治療を受けることができるよう、ご希望の患者様につきましてはセカンドオピニオンを推奨しております。ご希望の場合は主治医へご相談ください。

セカンドオピニオンについて

副院長 仲地厚 (がん情報委員会委員長)