がん情報センター

子宮頸がん

子宮頚がんとは

子宮頸がんは高リスク型ヒトパピローマウイルス(HPV)の持続感染により、子宮頸部(子宮の入り口)に発生するがんです。近年は発症の低年齢化が進み、その罹患率は 20-30 代の女性特有のがんとしては第 1 位となっています。

前癌病変(異形成)や初期癌の場合は症状を呈することは少なく、子宮がん検診で発見されます。
その場合は子宮頸部の一部を切除することで根治が可能です。
一方、持続する不正出血や性交後出血などをきたした場合は進行癌であることが多く、子宮摘出術や放射線、化学療法が必要になることがあります。

当院における子宮頚がんの診断と治療の方針

子宮がん検診で異常を認めた場合、HPV の検査とコルポスコピー(拡大鏡)下に組織検査を行います。その結果、異形成~初期癌であれば子宮頸部の一部を切除(円錐切除術)します。

円錐切除術を行うとその後の妊娠・出産に影響が出るため、当院では未産婦や挙児希望のある方にはフェノールという薬を用いて病変を焼灼し、子宮頸部を完全に温存することもできます。しかしフェノール療法は標準治療ではないため、希望があれば当院にて詳しく説明させていただきます。

組織診にて浸潤癌だった場合は MRI や PET-CT 検査を行い、手術または放射線(+化学療法)が行われます。
残念ながら当院には放射線治療装置がないため、放射線治療が必要な方は大学病院へ紹介しています。

手術は広汎子宮全摘術が基本ですが、妊孕能を温存する広汎子宮頸部摘出術も当院で可能です。
当院では広汎子宮頸部摘出術後に妊娠、出産された症例が 1 例あります(2015 年 7 月現在)。

子宮頸がんに関するトピックス

ヒトパピローマウイルス(HPV)感染を予防するためのワクチン(2 価:HPV16 型・18 型を予防、4 価:HPV6 型・11 型・16 型・18 型を予防)があります。HPV16 型・18 型が子宮頸癌の約 70%に認められることから、上記のワクチンで子宮頸癌の約 70%を予防することができます。
しかし日本においてはワクチン接種後の副作用のため、現在は積極的な接種推奨が控えられています。
一方海外では 9 価ワクチン(HPV6 型・11 型・16 型・18 型・31 型・33 型・45 型・52 型・58 型)が承認され、子宮頸癌の約 90%が予防されるだろうと言われています。

また、当院附属の健康管理センターでは子宮がん検診(細胞診)に HPV 検査も併用しており、早期発見に努めています。

ページトップへ戻る