がん情報センター

卵巣がん

卵巣がんとは

卵巣がんは初期には自覚症状がありません。実際は腫瘍の増大でお腹が張っているのですが、本人は太ったとしか思っていないのです。

発見された時にはその多くがⅢ・Ⅳ期の進行癌であり、別名「サイレントキラー」と呼ばれています。
一般的に排卵の多い方(排卵誘発剤の使用)や遺伝子変異を有する家族歴がある方に多いと言われています。

また、卵巣子宮内膜症(チョコレートのう胞)の 0.7%が悪性化するとも言われています。

治療は手術+化学療法が一般的です。

当院における卵巣がんの診断と治療の方針

卵巣腫瘍を認めた場合、MRI や PET-CT 検査を行います。画像上良性が疑われる場合は腹腔鏡下に手術を行いますが、境界悪性~悪性が疑われる場合は開腹手術が行われます。

手術は子宮摘出+両側卵巣摘出+リンパ節郭清+大網切除術を行います。また、腹腔内にぱらぱらと病変が広がっている(播種)場合は、できる限り腫瘍を小さくするように摘出します。
病変を完全に摘出できなくても残った腫瘍が 1cm 以下にできれば、その後の化学療法の効果が良くなると言われています。

術後の化学療法はパクリタキセル+カルボプラチンを投与することが一般的です。

広範囲に播種を認めた場合は術前に化学療法を行い、その後手術を行う場合もあります。
先に化学療法を行うことで、手術の際に腫瘍を摘出しやすくするためです。術後も化学療法を継続します。

卵巣がんに関するトピックス

婦人科領域でも分子標的治療薬であるベバシズマブが使用できるようになりました。
化学療法にベバシズマブを併用することで治療効果が改善すると報告されています。

ページトップへ戻る