初期研修医の声

チーフレジデント
座覇 明子医師

平成27年度のチーフレジデントに任命されました座覇明子と申します。 チーフレジデントとは、研修医と指導医ののコーディネーター的な役割ではないかと考えています。 そのため、研修医の活性化なくしては研修プログラムの充実や病院の活性化につながらず、研修医側から プログラムの改善を訴え、実行していく事で優良なプログラムができると考えています。 皆さんと一緒に当院の研修プログラムをより良きものとしていきましょう!

LEE HYUN AH医師

皆様はどんな研修医生活を望まれていますか?それで、初期研修を終えたら、どんなお医者になりたいと思いますか?研修先の選びはまずこの二つの質問に答えてみるのから始まると思います。2年間は医者としての基礎を積み、各診療科の勉強はもちろん医療者としてのあるべきの姿勢を身についていく、すごく大切な時期です。
少し自分の話をさせて頂きますが、自分は生まれ育ち外国で日本語ネイティブではございません。なので日本での初期研修自体がチャレンジであり、研修病院を決めるに迷いが多かったのです。でも、逆にシンプルに考えてみたら、どんな医者になるとしても一番基本であるジェネラリストとしての教育をしっかり教わる所ならなによりだろうと思い、今の病院へ来ることになりました。ここで予想以上に色んな経験ができ、まだまだですが臨床力を育ち、来年より始まる専門医への道に一歩一歩近づいて行っていると感じております。勉強やもちろん心理や生活面にも様々なサポートがり、多少特殊な状況の自分も研修に専念できまして、本当に当院での研修をお勧めしたいと思います。では皆さん、とみしろでお待ちしております。

山口 佐歩美医師

蒼い海・南国生活への憧れと、内科外科に関わらず幅広く研修したいとの思いから、地元を離れ当院での研修を志望しました。 救急ではウォークインから救急車まで研修医が初療にあたりますが、1年目には2年目がつき、さらに後期研修医・指導医がバックにつくため、屋根瓦方式で指導を得ながら数多くの経験を積むことができます。ウォークイン、救急車、病棟の全てを診ながらの診療は大変なこともありますが、翌朝には朝食を食べながらざっくばらんに上級医に質問できる時間が設けられており、勉強になる日々です。
また勉強会も活発で、ランチョンセミナーはもちろん、歴代の研修医が築き現在も更新中の救急プロトコールや勉強スライドなども院内で共有されています。 他には、研修に対する要望や意見を交わし合う研修医会が毎週設けられています。救急で診断がつかなかった症例を総合内科外来に紹介し、後日フィードバックを得るというのも最近研修医会で決まった一例で、より良い研修に向けて皆で取り組んでいます。 医局は各科の垣根が低いこともあり、開放的な雰囲気です。研修医の出身も様々で、やる気のある方ならどなたでも大歓迎です。ぜひ一度当院へ足を運んでみませんか。

  • 群星沖縄プログラム
  • RyuMICプログラム
  • 勉強会
  • 初期研修医の傾向
  • 初期研修医の声
  • 募集要項・処遇

ページトップへ戻る