研修の魅力

研修の魅力

研修委員長あいさつ(医師 比嘉盛丈)

tounyobyounaika01_higamoritake

  間もなく始まる新専門医制度に合わせて、各基幹型病院は新しい研修プログラムの作成準備に追われている。新制度では、『全身が診れる医師を育てて断らない医療を目指す。リサーチマインドを育む。地域医療の崩壊を防ぐ』が3本柱のようだ(日本専門医機構のHPを参照)。そんな中、研修期間を終えて一医師として自立しなければならない研修医らが将来に漠然とした不安を抱えているのはよく理解できる。そのような医師らをみていて時折感じるのは「医者として」の衣食住とは何だろうということだ。「衣」は裸にならぬよう身に着けるもの。ここでは資格や肩書きのようなものが相当するのか。「食」は生きていくための活力になるもの。人はパンだけで生くるにあらずという。物質的なものだけを追い求めず、精神的な「理念、目標、やりがい」という動機づけとなるものこそが生きていく糧になるのかもしれない。「住」は生きていく場所。自分はどの分野(診療科)で、どこに住んで、誰のために生きていくのか、覚悟をもって自分で決めてほしい。力のある誰かや組織に守ってもらうことを期待するのではなく、自分自身を鍛えていくという気概がほしい。要領が悪くてもいい。ゆっくりでも、遠回りでもいい。自分の道を、自分のペースで進めば、きっと自分の生き方に責任が持てるだろう。私自身は、研修医がprofessionalismをもった医師へと育っていけるように研修をサポートできる医師を目指したい。

  外科系研修について ▶

教育回診

 当院では群星沖縄プロジェクトリーダーである宮城征四郎先生の教育回診を筆頭 に副センター長 寺澤秀一先生のER教育回診、同じく副センター長 徳田安春先 生の総合内科教育回診,さらに群星沖縄主催の米国式教育回診が開催されています。 ※寺澤先生と徳田先生の教育回診は群星沖縄基幹型病院が当番制で担当しています。

教育回診

宮城征四郎先生

時間をかけ、1つの症例に対して診断に至るまでのプロセスをディスカッションしていきます。診断過程に必要な知識と考え方を学ぶ事ができます。必要に応じて(プレゼン時に患者様が入院されていれば)ベッドた教育回診をあなたの目で確かめてください。サイドでの回診も行われます。明日の良き 臨床家育成をコンセプトとしている群星沖縄そのものを体現した教育回診をあなたの目で確かめてください。



寺澤先生

寺澤秀一先生ER教育回診(年1~2回)

研修医が経験したER症例を提示してディスカッションを行ないます。 ERの現場で必要な知識を学ぶ事ができ、またERという限られた時間に要領よく診療するテクニックや患者様対応法等、目から鱗の情報が満載です。

 ※寺澤秀一先生:福井大学医学部教授



徳田先生

徳田安春先生総合内科教育回診(年1~2回)

 主に内科症例を提示してディスカッションを行ないます。必要に応じて (プレゼン時に患者様が入院されていれば)ベッドサイドでの回診も行わ れます。TV「ドクターG」でも有名な徳田先生の総合内科診療の真髄を 間近で体験する事ができます。もしかするとテレビ出演の可能性も!? ※徳田安春先生:地域医療機能推進機構研修センター長




外人2

米国式教育回診(年1~2回)

 米国式教育回診ではアメリカのスタンフォード大学等から先生をお招きし て教育回診を開催しています。来沖してくれる先生の専門に合わせて症例 提示をして英語でのプレゼンテーションやディスカッションを行ないます。 米国の臨床に触れる貴重な機会となっているのであなたの視野を広げる チャンスとなるはずです。

病院の基本情報

名称 社会医療法人友愛会 豊見城中央病院
所在地 〒901-0243 沖縄県豊見城市字上田25番地
問い合わせ先(代表) 098-850-3811
開設日 昭和55年4月1日
理事長 比嘉國郎
病院長 新垣 晃
病床数 376床(一般病床360床・ICU10床・HCU6床)
診療科目 内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科、神経内科、膠原病内科、糖尿病・代謝内科、外科
呼吸器外科、消化器外科、乳腺外科、内視鏡外科、血管外科、心臓血管外科、移植外科、小児科、整形外科
緩和ケア外科、産婦人科、産婦人科(不妊治療)、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、脳神経外科、
形成外科、美容外科、美容皮膚科、顎顔面外科、麻酔科、放射線科、リハビリテーション科、リウマチ科、
救急科、病理診断科、歯科
専門外来 禁煙外来、睡眠時無呼吸外来、物忘れ外来、ペースメーカー外来、早期腎炎・関節炎外来、緑内障専門外来
ストーマ外来、リンパ浮腫外来、緩和ケア・化学療法外来、助産師外来、HPVワクチン専門外来
不妊外来、更年期外来、スポーツ外来、ペインクリニック、腎不全サポート外来、リウマチ・膠原病外来
主な機能 地域医療支援病院
地域災害拠点病院
沖縄DMAT指定病院
臨床研修指定病院
救急告示病院
日本医療機能評価機構認定病院
1日平均患者数 入院:363名  外来:957名
病床利用数 98%
平均在院日数 10.1名
敷地面積 18,939㎡
建築面積 9,975㎡
延床面積 33,773㎡
職員数 1,333名(平成27年12月現在)
その他設備 駐車場418台 職員駐車場680台

病棟構成

3階東(42床) 内科(呼吸器、糖尿病、内分泌、内科一般ほか)
3階西(41床) 内科(循環器、内科一般ほか)、心臓血管外科
3階北(34床) 内科( 腎・リウマチ・膠原病、内科一般ほか)、皮膚科
HCU(6床) 全科
3階(45床) 整形外科
4階(22床) 産婦人科
5階(38床) 小児科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、外科
6階(42床) 外科・脳神経外科
7階(26床) 全科(個室)
8階 (40床) 整形外科、婦人科、形成外科、眼科
9階 (40床)※特例病床 10床 内科(消化器、内科一般ほか)、救急(特例病床)
合計 376床
一般入院基本料 7:1入院基本料を実施しております

ページトップへ戻る