診療科について

皮膚科のご案内

湿疹や皮膚炎

原因は様々で、意識せずに使用している石鹸やシャンプー、何気なく触れている植物や手袋などでかぶれている場合があります。いくら内服薬や外用剤で治療しても原因を取り除かなければ治りません。原因検索としてパッチテストを施行し、生活指導を行います。

アトピー性皮膚炎

皮膚の生理的異常(皮膚の乾燥とバリアー機能異常)に様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。慢性的ですが、適切な治療をきちんと受ければ、いずれ治ったと同然の状態になることが期待されます。遺伝的素因に加え、様々な内的、外的悪化要因を持った皮膚病なので、現時点では病気そのものが完全に治る薬物療法はありません。対症療法が治療の原則となります。個人の皮膚の状態により外用薬や内服薬の強さの程度を調整しますので定期的な通院が必要です。重症の場合、入院加療を行います。

尋常性天疱瘡や類天疱瘡などの水疱性疾患

全身に水ぶくれができる病気です。皮膚生検や採血にて診断し、症状がひどい場合は入院加療が必要となります。

尋常性乾癬

主に頭部や肘、膝に紅斑を生じる病気です。原因は不明でなかなか治りが悪い疾患のひとつです。治療としてビタミンD3外用薬やステロイド外用薬が基本的ですが、症状の程度に応じて紫外線療法(PUVA療法)や、重症の場合、内服療法(免疫抑制剤やレチノイド)を用いて治療しています。内服療法では寛解状態を長く保てる利点があります。

掌蹠膿疱症

てのひらや足の裏に小さな水ぶくれや膿をもつ病気で、足の裏だけに症状があると水虫と勘違いされることがあります。皮膚科専門医による検査が必要です。悪化原因として金属アレルギーがあります、確認にはパッチテストが必要です。

帯状疱疹

体の左右どちらか一方にちくちくするような痛みが起こり、しばらくしてその部分が赤くなります。その後透明な水ぶくれが出てきます。発疹が出ていない早期ではその場所により頭であれば頭痛で脳神経外科、胸であれば胸痛から内科、背中や腰、四肢では整形外科などを受診してしまう方がほとんどです。ウイルスが神経を伝わって広がるため痛みが生じ、皮疹が出ます。原因は子供の頃にかかった水ぼうそうのウイルスで、何かのきっかけ(外傷、疲労、老化)で抵抗力が落ちることにより発症します。治療は抗ウイルス剤の内服加療、重症例では入院し安静にして点滴加療が必要となります。症状が出たらできるだけ早い時期に治療を始める方が早く治ります。皮疹が治っても痛み(帯状疱疹後神経痛)が長引く方も中にはいらっしゃいますが、その場合はペインクリニックを紹介します。

尋常性疣贅

ヒト乳頭腫ウイルスが皮膚に感染したもので俗に「いぼ」と呼ばれています。治療法は液体窒素を用いた冷凍凝固療法、グルタルアルデヒド療法、SADBE療法、ヨクイニン内服療法などがあります。患者さん個人によって効果が異なります。

みずいぼ

正式な病名は伝染性軟属腫で伝染性軟属腫ウイルスの感染が原因です。数が少ない場合はピンセットでつまみとりますが、痛みが伴います。数が多い場合や疼痛の少ない治療を希望される場合は液体窒素を用いた冷凍凝固療法を施行しますが治療に時間がかかります。冷凍凝固療法でも痛がる場合は自宅で薬を塗布してもらう治療法もありますが効果は不定です。

皮膚腫瘍および皮膚悪性腫瘍

皮膚のホクロ(皮膚腫瘍)には良性と悪性があります。通常、診断する際には一部を採取して検査をする「痛みを伴う検査」が必要ですが、当科ではダーモスコープ診断により「痛みのない検査」で皮膚腫瘍の診断を行うことが可能です。また、悪性であった場合は(症例によっては)手術ではなく外用薬などによる治療も行うことも可能です。沖縄県のガン拠点病院である琉球大学病院とも連携を取り診療をおこなっています。

安里 豊 皮膚科医長

氏名 安里 豊
ふりがな あさと ゆたか
卒業大学 琉球大学
卒業年次 1999年
専門分野
皮膚科
経歴

琉球大学皮膚科医員
県立那覇病院
県立八重山病院
琉球大学皮膚科助手
豊見城中央病院
琉球大学皮膚科助教(同大学院 卒業)

資格・専門医・認定医等

医学博士
日本皮膚科学会専門医
皮膚悪性腫瘍指導医

メッセージ

出来るかぎるの要望に答えられる治療をめざしています。

平成29年5月1日からの診療

午前 安里 豊 安里 豊 安里 豊 安里 豊 安里 豊 安里 豊

琉大医師
午後 安里 豊 休診 検査・外来手術 手術 休診 休診

※受診の際、保険証の確認をいたします。忘れずにご持参下さい。

ページトップへ戻る