診療科について

乳腺科のご案内

豊見城中央病院における乳腺診療は、「乳癌を美しく治す」を目標に、2次検診・診断・治療(手術、抗癌剤、ホルモン治療)を行っています。
受診者の中には、他の病気を患っている方もいます。総合病院のメリットを活かし必要な診療科と連携し、
より安全な医療の提供を心がけています。

乳癌検診2次精査

当院の健康管理センターのみならず、他施設での検診で異常指摘された方への2次精査を行っています。

診断

乳腺外来では乳腺専門医による視触診、マンモグラフィー、超音波を中心に診療を行います。
またマンモグラフィーや超音波での診断が難しい場合、ハイリスクの方には乳房MRIも併用した診療を行っています。
最終的に乳癌の診断には針生検(組織検査)が必要です。超音波で確認できる病変は、超音波下針生検を行います。
前述の乳房MRIは感度が高く、乳房MRIでしか発見できない乳癌も存在します。
MRI発見乳癌の診断はMRIガイド下針生検が必要となりますが、県内では当施設のみが行っています。

治療(手術)

当院では小さな傷で行う乳癌内視鏡手術を行っています。内視鏡手術では入林と腋窩(わき)の切開から乳房温存術または全摘術を行います。
また、近年人工乳房(インプラント)による乳房再建が保険適応となり、乳房再建が受けやすい環境が整ってきました。
当院ではナグモクリニック(バスト専門クリニック)の南雲吉則先生と連携し、人工乳房を使用した乳房再建にも力を入れています。

治療(抗癌剤・ホルモン治療)

近年、乳癌治療におけるホルモン治療や抗癌剤治療の進歩は著しく、乳癌治療成績の向上につながっています。
当院では標準治療を基本とした治療を行っています。

一般財団法人National Clinical Database(NCD)の手術・治療情報データベースへの参加について Click!!

比嘉 国基 外科部長

氏名 比嘉 国基
ふりがな ひが くにき
卒業大学 帝京大学
卒業年次 1996年
専門分野
乳腺科
経歴

沖縄県立中部病院(初期研修)
医療法人友愛会 理事就任
帝京大学医学部附属市原病院 外科
亀田総合病院(乳腺外科)
豊見城中央病院 乳腺外科外科(部長)
亀田総合病院 乳腺センター出向
豊見城中央病院

資格・専門医・認定医等

乳癌学会専門医
外科学会認定医

メッセージ

当院では精査、乳癌の診断、手術、薬物療法をすべて行っています。
診断においてはマンモグラフィ超音波のみならず、MRIも併用し、乳癌の早期発見に努めています。
乳癌と診断された患者様には、根治性と整容性(形を維持)の両方を考え、小さな傷で行う乳癌内視鏡手術、インプラント乳房再建を行っており、薬物療法は標準治療を行い、再発予防に努めております。
当院は総合病院ですので、他の病気を患い、手術や薬物療法を行うリスクの高い患者様に、他科と連携し治療にあたっております。

比嘉 淳子【非常勤】

氏名 比嘉 淳子
ふりがな ひが じゅんこ
卒業大学 名古屋大学
卒業年次 1976年
専門分野
乳腺科
経歴

1976年6月~1980年8月 愛知県一宮市立市民病院外科

1982年1月         豊見城中央病院外科

2000年7月~2001年12月  癌研究会付属病院乳腺外科にて研修

2002年1月~2009年5月   豊見城中央病院乳腺外科

2012年4月         豊見城中央病院乳腺外科

資格・専門医・認定医等

日本乳癌学会乳腺専門医
日本外科学会指導医

メッセージ

友愛会では画像保存通信システムPACS ( Picture Archiving and Communication Systems) が稼働していますので、豊見城中央病院、附属健診センター、南部病院、3施設のどこで撮影された検査でも瞬時にみることができます。このシステムを最大限に利用して検査の繰り返しをできるだけ減らし、乳がんをより早い時期で見つける努力を日々しております。
第一に、マンモグラフィの場合は些細な変化が乳がん発見の糸口になりますので過去のマンモグラフィ全てと比べています。
第二に、乳房超音波につては新たな異常をより小さい段階でみつけるため10年前の2002年まで遡ってチェックしています。
最後に、3施設で行った検査を共有することで不必要な検査の繰り返しを避けることができます。

平成29年5月1日からの診療

午前 比嘉 国基 休診 休診 休診 比嘉 国基 休診
午後 比嘉 淳子 休診 比嘉 国基(15:00まで) 休診 比嘉 淳子 休診

※受診の際、保険証の確認をいたします。忘れずにご持参下さい。

ページトップへ戻る