がん情報センター

がん情報について

当院のがん治療について

主ながん治療の紹介(臓器別)

がん関連医師紹介

がんに関する専門スタッフの紹介

ピアカウンセリングナース 上原弘美

がん情報01

「ピア」とは「仲間」の意味で、仲間同士の支え合いをピアサポート(ピアカウンセリング)と言います。がんを経験した看護師が、患者の立場と看護師の両方の視点から生活面や療養についての相談・心理的サポートを行います。

上原弘美

がん患者の気持ちを医療現場に伝え、医療者との関わり方を患者に知らせることで、患者と医療をつなぐ心の架け橋を目指します。
ピアサポートは、生活上の問題を体験の共有を通して「ともに考える」ことによって解決する手助けをすることができます。
お気軽にご相談ください。

がん薬物療法認定薬剤師 大城真理奈

外来点滴治療室にて

がん薬物療法認定薬剤師は、個々の患者さんの治療計画に対して、抗がん剤の量は適切か、他のお薬との飲み合わせは大丈夫かなど毎日確認をしています。
また、様々な種類の抗がん剤による副作用を軽減するためのお薬を検討し、治療が安全に行えるように管理しています。

大城真理奈

実際に治療が始まる時は、患者さんへ投与スケジュールやどんな副作用がどの時期に起きやすいか説明致します。
お薬に関する疑問や不安も気軽に話してくださると嬉しいです。

がん病態栄養専門管理栄養士 一松かおり

栄養サポートチームによる病棟ラウンドの様子

がん病態栄養専門管理栄養士とは、がん患者の栄養・食事療法に関する高度な知識・技術と臨床経験を備え、管理栄養士としての専門性を活かした適正かつ良質な栄養・食事療法を提供することを目的としています。

一松かおり

がん治療中は様々な症状が発症し、食べることに影響がでることがあります。入院中は栄養サポートチームが介入し、栄養療法の検討、実践を行なっています。外来通院中の患者様からも栄養・食事についてのご相談をお待ちしております。「食べられない」「食べたくない」などお困りのことがございましたら、是非ご相談下さい。

がん化学療法看護認定看護師 堤 康晴・久下本 陽

外来点滴治療室

がん化学療法看護認定看護師の役割は、抗がん剤を安全に投与することはもちろん、副作用症状の緩和や日常生活がより良く送れるようにサポートすることだと考えています。

久下本陽

外来で治療が行えるようになったことで、患者さんは副作用に対するケアを自身で行う必要があります。
そんな時、辛く不安に感じたことはありませんか?
その時は一人で悩まずに、いつでもご相談下さい。
一緒に治療を乗り越えて行きましょう。

がんに関する取組

がんサロン「ありんくりん」

gansalon01

患者さまやご家族さまが悩みや不安、体験、生活上の工夫など語り合い、交流する場です。

仲間と出会うことで「ひとりじゃない」と勇気と力が湧いてきます。
一緒にゆんたくしませんか?

※診断や治療についての判断やアドバイスをする場ではありません。

  • 日時:毎月第3木曜日午後2時~4時(祝祭日除く)
  • 場所:豊見城中央病院5階多目的ホール
    *1階中央会計横のエレベーターよりお上がりください
  • 対象:がん患者さま、ご家族さま、他関係者
    *当院に通院していなくても参加できます
  • 参加費:無料・申し込み不要
gansalon02

がん患者の気持ちを医療現場に伝え、医療者との関わり方を患者に知らせることで、患者と医療をつなぐ心の架け橋を目指します。
ピアサポートは、生活上の問題を体験の共有を通して「ともに考える」ことによって解決する手助けをすることができます。
お気軽にご相談ください。

お問合せ先
豊見城中央病院地域連携室 TEL:098‐850‐3811

乳がん患者会OHANA(オハナ)

ohana

がんの療養におけるリハビリテーション

   
  

予防的リハビリテーション

  

がん診断早期に介入。手術、放射線、化学療法前から介入。
内容:術前後呼吸理学療法、廃用予防の筋力訓練、可動域訓練など

  

回復的リハビリテーション

  

治療後の機能障害、生活能力低下に対して機能回復を図る。
内容:筋力増強訓練、起居動作、歩行訓練など

  

維持的リハビリテーション

  

がんが増大し機能障害が進行しつつある時期に、生活の維持と改善を図る。
内容:自助具の作成、日常生活動作訓練や指導など

  

緩和的リハビリテーション

  

末期のがん患者に対し、要望(demands)を尊重しながら、
QOL(その人らしさ)の生活を支援する。
内容:ポジショニング、痛み・浮腫の症状緩和、家族指導

  

*参考文献:宮田 千恵子他
がん患者に対する理学療法10(27).1164,2010

 
  
gansalon05
 

抗がん剤治療を受けられる方へ

キャンサーボード

キャンサーボードとは

手術、放射線療法及び化学療法に携わる専門的な知識及び技能を有する医師や、その他の専門医師及び医療スタッフ等が参集し、がん患者の症状、状態及び治療 方針を意見交換・共有・検討・確認等するためのカンファレンスのことをいう。
がん診療連携拠点病院の指定要件として位置づけられている。

キャンサーボード実績
開催日 診療科 がん種 内容 参加人数
2015/7/14 外科 直腸 手術適応外の治療 22名
2015/8/11 外科 直腸 若年性進行癌 28名
2015/9/8 外科 S状結腸 穿孔による進行癌 23名
2015/10/13 婦人科 卵巣 脳梗塞後(PS3)の症例 18名
2015/12/5 外科 上行 出血性脳梗塞併発進行癌 24名
2016/2/9 婦人科 卵巣 化学療法後の消化管穿孔 26名
2016/4/12 外科 直腸 終末期若年性進行癌 27名
2016/6/14 脳神経外科 視床神経膠芽腫 23名
2016/8/9 外科 大腸 放射線治療後の骨転移再燃 19名
2016/12/13 内科 GIST 維持透析中のGIST症例 21名
2017/2/14 外科 大腸 術後の大網および腹膜播種 24名
2017/4/11 外科 食道 放射線治療後のITP疑い症例 18名
2017/6/13 婦人科 卵巣 化学療法後の敗血症性ショック 23名

◆参加メンバー職名・職種
外科医、内科医、放射線診断医、心療内科医、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、心理士、栄養士、放射線技師、診療情報管理士

がんに関するセカンドオピニオン

当院では、がんに関するセカンドオピニオンも実施しております。
希望する方は地域連携室までご連絡ください。

セカンドオピニオンとは

患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、診断や治療方法について主治医以外の医師に意見を聞くことです。

当院通院中の患者さんへ

当院は患者さん、ご家族がより安心して治療を受けることができるよう、ご希望の患者さんにつきましてはセカンドオピニオンを推奨しております。ご希望の場合は主治医へご相談ください。

当院のセカンドオピニオンについて

当院のセカンドオピニオンは完全予約制です。ご希望される方は地域連携室へご連絡ください。

セカンドオピニオンに関するお問い合わせ先

  • 窓 口:豊見城中央病院 地域連携室
  • 受付日:月曜日~金曜日(祝祭日、年末・年始を除く)
  • 時 間:午前9時~午後4時
  • 電 話:098-850-3811
  • FAX:098-852-2152

がんに関するセカンドオピニオンを実施している医師一覧(平成28年9月12日現在)

医師緩和ケア研修会

国の「がん対策推進基本計画」においてがん診療に携わる医師が緩和ケアについての基本的な知識と技術を習得する研修会です。
当院では、がんと診断された時から適切な緩和ケアが提供できるように努めています。

当院の医師緩和ケア研修会修了者一覧

がん登録について

院内がん登録とは、がんの診断、治療を受けた全患者さんについて、診断・治療・予後に関する情報を集約し整理・分析・公表する仕組みのことです。

当院では、入院・外来問わず「がん診療連携拠点病院 院内がん登録標準登録様式」に沿って登録しています。 当院におけるがん診療の実態を把握し、がん診療の質の向上とがん患者さんの支援を目指します。

2012年からは国立がん研究センターへ情報提供また、県が行う地域がん登録事業にも積極的に協力しております。

また、院内がん登録に含まれている個人情報については、当法人規定「個人情報保護方針」に従い厳格に取り扱い業務の遂行に努めます。

院内がん登録件数 

がん統計について

沖縄県内のがんに関する情報

沖縄県がん診療連携協議会のサイトはこちらから

うちな~がんネットがんじゅう Click!!      

沖縄県内の緩和ケア外来・病棟(ホスピス)のある医療機関の一覧

南部医療圏で在宅緩和ケアが提供できる施設一覧

当法人がん関連施設

院内がん情報コーナーについて

当院内科外来近くに「がん情報コーナー」がございます。友愛会のがんに関する情報・取り組みなども含め、さまざまながん情報を公開・発信していきます。がんに関するさまざまな冊子やチラシ・ポスターを配置しておりますので、患者様の待ち時間などにもご利用ください。

ganjohocorner01 ganjohocorner02

ページトップへ戻る