医療のご相談

栄養情報

大根のつつみ焼き

ごまのこおばしい風味と青じその香りが良く、食欲をそそります。
餃子の皮を大根に変えたことにより、食べごたえのある一品になりました。

  • 材料(1人分)
  • 大根 2g
  • 豚ひき肉 15g
  • キャベツ 10g
  • 青じそ 1枚
  • 生姜 0.5g
  • ごま油 0.5g
  • 醤油 1g
  • 塩 0.5g
  • こしょう 適量
レシピ01

調理のポイント

肉を包む直前に、大根はしっかり水分をとりましょう。水分が多いと、振るった小麦粉も水気が多くなり、包みにくくなります。

作り方

1 大根は2mm厚の輪切りにし、うす塩を振り、しんなりさせる。その後、軽く水洗いをする。(塩抜き)

2 キャベツはみじん切りにして、塩もみし、洗う。(塩抜き)その後、水気をきり、ペーパー等で十分に水気をとる。

3 豚ひき肉、2のキャベツ、すり卸した生姜、Aの調味料を合わせ、混ぜる。

4 1の大根はペーパーでしっかり水分を取り、茶こしで小麦粉を軽くふる。3を大根で包み、さらにそれを青じそではさむ。

5 フライパンにゴマ油をしき、弱火で焼く。

栄養バランス

人のからだは、たんぱく質、脂質、糖質、ビタミンなどを適正量とることにより構成されています。たんぱく質は血や肉、骨などを作り、脂質、糖質はちからのもとになり、 ビタミン・ミネラルはからだの調子を整える働きがあります。

これらの栄養素をすべて満たす食品はありません。それぞれの種類により、栄養素の質・量も違います。より多くの食材をとることで、必要な栄養素が満たされて「バランス」のとれた食事になります。

ゴーヤーのピクルス

ゴーヤーはビタミンCが豊富!夏野菜を使った低カロリーレシピです。

砂糖を低甘味料に変えて、カロリーを低く抑えました。また塩分ゼロで、減塩をされている方にもお勧めです。ゴーヤーのビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴です。夏バテ予防にどうぞ♪

  • 材料(5人分)
  • ゴーヤー 200g(大1本)
  • 酢 20g
  • 低甘味料(マーピー) 10g
  • レモン汁 少々
  • 鷹のつめ 少々
レシピ02

調理のポイント

酢と甘味料の割り合いは2対1です。4~5日漬け込むと全体的に味がしみ込み、美味しく仕上がります。ゴーヤーの代わりにパプリカでも美味しくできます。

作り方

1 ゴーヤーは半月切りに、沸騰したお湯で軽く茹でる。

2 酢・甘味料を鍋に入れて火にかける。砂糖が溶けたら火を止め、鷹の爪、レモン汁を入れる。

3 2の合わせ酢のあら熱が取れたら、1のゴーヤーを漬ける。

チャンプルーとアブラ

沖縄の家庭料理の定番、チャンプルー。ポークやコンビーフなどの肉加工品を入れ、たくさんの野菜を炒めるためにたっぷりの油で調理し、脂質摂取量が多くなっていませんか?

昔は入れる食材も豆腐、野菜とシンプルだったそうです。肉加工品は控え、だし汁を上手に使い、油脂をできるだけ減らしましょう。

ベイクドチーズケーキ

混ぜて焼くだけ!簡単レシピです♪

濃厚でクリーミーなベイクドチーズケーキは通常だと一切れだけで300kcal以上あります。でも今回はクリームチーズ、生クリーム、バターを入れず、エネルギーと脂質を減らしてみました♪

  • 材料(5人分)
  • ヨーグルト(無糖) 250g
  • 低甘味料(マーピー) 40g
  • 小麦粉 24g
  • 卵(Mサイズ) 4個
  • レモン汁 5cc
  • 低カロリービスケット 8g
レシピ03

調理のポイント

クリームチーズの代用としてヨーグルトを使用しました。クリームチーズのような状態に近づけるため、ヨーグルトは時間をかけて水切りしましょう。

作り方

1 ヨーグルトはキッチンペーパーを敷いたザルに上げ、冷蔵庫で一晩ねかせる。

2 ビスケットは袋に入れて麺棒などで細かく砕き、1のヨーグルトを少量混ぜて、しっとりさせておく。

3 ミキサーにAの材料と1のヨーグルトを入れて、混ぜ合わせる。

4 3を型に入れ、180℃のオーブンで40分焼く。

低甘味料について

最近、スーパーなどで売られている「ラカントS」「パルスイート」「シュガーレット」などの低甘味料をご存知ですか?砂糖に比べて血糖値が上がりにくく、低カロリーのため、糖尿病やダイエットされている方にお勧めです。

コーヒーを飲むとき、また料理で砂糖やみりんの代わりにいかがですか。しかし大量に摂取すると、お腹がゆるくなることがあります。また、それぞれ甘さやエネルギーも異なりますので、使用する際にはパッケージの商品説明をご確認下さい。

ページトップへ戻る