再生医療について

先端医療研究センター

先端医療研究センター長
加藤 功大

当センターはアイソレーター3台を整備した細胞調整施設(CPC)を有し、九州・沖縄地区有数の再生医療研究施設として大きな期待と役割を背負っております。
平成25年度から27年度にかけては、沖縄県による「医療基盤活用型クラスター形成支援事業」の採択を受けまして、沖縄赤十字病院、浦添総合病院、中頭病院の県内の3施設の民間医療機関と合同で、細胞の輸送を伴う、県内初の再生医療多施設共同研究を実施しました。
また平成27年には沖縄県内の再生医療産業のより一層の拡充を視野に入れて、東京女子医科大学と5年間に渡る包括的な友好連携協定を締結し、東京女子医科大学が開発しました。「細胞シート工学」の技術移転を開始しました。
そして平成28年には当センターで提供する細胞シートを用いた治療が「国家戦略特区」の事業として指定を受ける事となり、今後は早期食道癌患者に対するESD治療後の食道再生治療の臨床研究を実施していく予定です。
当センターは再生医療等技術を用いた臨床研究に取り組んでいる全国でも数少ない民間総合病院として、来るべき再生医療分野の医療イノベーションに対して、すみやかに沖縄県民へこれを提供できることを目標として今後も活動していきます。






お知らせ

東京女子医科大学 先端生命医科学研究所との連携協定

TOP_3peopleTOP_from_tokyojoshi


社会医療法人友愛会 豊見城中央病院と学校法人東京女子医科大学は、沖縄県における再生医療実施体制の本格化を目指して、東京女子医科大学が開発した「細胞シート工学」再生医療の臨床応用とその普及体制の構築を目的とした、包括的な友好連携協定を締結しました。

本友好協定の締結に伴い、平成28年度より細胞シートを用いた食道癌に対する再生医療の臨床研究を本県で実施していく予定です。東京女子医科大学が開発した「細胞シート工学」は日本を代表する再生医療技術であり、既に心臓、角膜、軟骨など の疾患に対する臨床応用が進んでいます。食道再生臨床研究に関わる培養技術移転は、今までノーベル生理医学賞の選考委員会を持つスウェーデンのカロリンスカ大学病   院に対して実施例があるだけで、日本国内では初、世界でも2例目の事例となり、本友好連携協定の締結は本県における再生医療産業の大きな転機となる事例と言えます。

CPCについて

CPCについて

CPC_floor_map

① 細胞調製室 2室

・アイソレータ 3台 ・アイソレータ用CO2インキュベータ 10台 ・アイソレータ用遠心分離機 3台 ・アイソレータ用細胞観察モジュール 3台 ・遠心分離機 1台 ・冷凍庫付冷蔵庫 2台 ・位相差顕微鏡 1台

② サプライ室 1室

・薬用保冷庫(4℃)1台 ・冷凍庫(-20℃) 1台 ・乾熱滅菌機 1台 ・交差超音波破砕器 1台

③ モニタリング室 1室

・モニタリングシステム

・超低温冷凍庫 2台

④ エントランス室 1室

・オートクレーブ 1台

平成22年 先端医療産業化基盤整備事業の一部補助を受けて設立。その後、インキュベーターや安全キャビネット等を追加配備し、専用の検査室も増設。細胞を調整するアイソレーターを3台保有しています。 現在、先端医療研究センター長以下、培養士4名、検査スタッフ3名、事務局2名で運営を行っており、沖縄県随一の再生細胞医療の研究実施体制を整えています。

所属学会: 日本再生医療学会、日本免疫治療学会

その他機器紹介

STEP ONE PLUS

システムの特徴 ・初心者から経験者まで幅広く対応する機能が備わっています。 ・コスト効率のよい4色/96ウェルフォーマットで、精度の高い定量リアルタイムPCRを実現しました。 ・長寿命LEDを採用した光学検出システムは、FAM™/SYBR® Green、VIC®/JOM™そしてROX™などの蛍光色素が検出できて、遺伝子発現解析、病原遺伝子の定量、SNPジェノタイピング、プラス/マイナスアッセイなどの実験が行えます(注:StepOnePlus™システムでは、蛍光色素TAMRA™も検出します)。 ・スタンダードモードまたは、40分以内で完了するFastモードでPCR反応が行えます。 ・非常にコンパクトな床面積で、どんな実験室にもフィットします。 ・LCDタッチスクリーンとUSBドライブにより、設置方式がフレキシブルに選択できるだけでなく、コンピュータ無しでも操作が可能です。 ・遠隔モニタリングとEメール通知でたいへん便利。時間も節約できます。 ・サーマルサイクリングは、VeriFlex™テクノロジーが採用されています。PCRの機能性と温度調整の精度を向上させる、6つに独立分割して制御が行えるペルチェブロックを搭載しています。 ※沖縄県貸与資産

Bio-Plex 200システム

本システムでは最大100項目のマルチプレックスアッセイが可能で、xMAPテクノロジー(Bio-Plex/Luminex)に準拠した磁気ビーズ及びポリスチレンビーズのアッセイキットでの測定に対応します。 特徴 ・最大100項目のマルチプレックスアッセイを96ウェルプレートで実施可能 ・サイトカイン、ケモカイン、成長因子、TGF-β、Th17パスウェイ、MMP/TIMP、リン酸化タンパク質、アポトーシス、癌、糖尿病、アイソタイピング、急性応答期、腎毒性/障害 等の関連Targetを多項目同時測定 ・Calibration / Validationキットによるシステム自動診断により、常に装置がベストな状態での測定が可能 ・Bio-Plex Managerソフトウェアによりユーザーフレンドリーな装置オペレーションと信頼性の高い定量解析を実現 ・磁気ビーズ及びポリスチレンビーズに対応した専用ウォッシャーにより、洗浄工程の自動化が可能で、データの再現性も向上 ※沖縄県貸与資産

ハイエンドクリニカルフローサイトメーター

高速・高感度のマルチレーザー・マルチカラー解析 ・3レーザー/10カラーによる最大16パラメータの同時取得 16パラメータまでの同時選択により優れた相関解析が可能 臨床研究や先進医療でも活躍する3レーザーによる10カラー多次元解析 ・20BitデュアルADCによる高速・高精度デジタル波形処理による高度像度データ 20Bitデジタル波形処理技術により、100万チャンネル以上の分解能 デュアルADCが実現した40MHzの波形サンプリング データの数え落としなく、正確なリニアリティのデータ取得 40MHzの高速処理(最大25,000イベント/秒の取込)で、希少細胞の効率的な測定が可能 ・新・散乱光検出システムによる高感度測定 前方散乱光検出には3つのモードを採用で、サブミクロン領域までの解析が可能 自動蛍光補正機能 自動化が実現する迅速化と省力化そして安心のバイオハザード対策 ・サンプル攪拌機能付き自動オートサンプラー サンプリング直前に一本ずつ攪拌を実施、ダメージが少なく、均一なサンプリングが可能 ・独自のパネルプロトコル方式自動測定 Naviosソフトウェアに保存した測定条件はドラッグ&ドロップで簡単設定 全自動サンプル調製システムTQ-PrepPlus2システムとの連携 サンプル調製から測定までの自動化までの自動化による万全のバイオハザード対策自動化によるワークフロー改善と標準化 ・精度管理プログラムによる信頼の検査システム ※沖縄県貸与資産

AID エリスポットリーダーシステム

当院ではドイツに社を構えるAutoimmun Diagnostika社製のElispot Readerを所持しております。 Elispot法はサイトカインやインターロイキン、インターフェロン等の自己免疫疾患や癌に関わる因子の検出法としては、従来使われてきたELISA法と比較しても数十倍の感度を持つために大変な注目を集めて参りましたが、その反面で測定に時間がかかるというデメリットも併せ持っていました。 その事を解消すべく当院においてはElispotの測定を迅速に行うためにElispot Readerを導入致しました。。 熟練した専門の技師が測定を行っても1日がかりでも数十名程の測定しか行えませんでしたが、本機器を導入する事で凡そ100名分の測定を数分で測定する事が可能になり、精度も飛躍的に向上致しました。

環境モニタリングシステム

CPC内の機器(培養器やディープフリーザーなど)の状態を1台のPCで集中管理し、細胞を育てている環境や細胞を保管している環境などを24時間体制で監視しています。

   

医療基盤活用型クラスター形成支援事業【H25年度~H27年度】

医療基盤活用型クラスター形成支援事業

当院は平成25年度より沖縄県から医療基盤活用型クラスター形成支援事業の委託を受けまして「細胞調製室(CPC)を活用した再生・細胞医療の県内多施設共同研究」に取り組みました。臨床研究のテーマとして「切除不能な膵臓癌に対するGEM併用γδT細胞免疫療法の臨床研究」を策定し、県内の3施設の民間医療機関と共同で実施しました。

研究開発の概要

豊見城中央病院にある細胞調製施設(CPC)を活用して、再生・細胞医療の中でも、γδT細胞免疫療法にスポットを当て、進行癌の患者に対して臨床研究を実施し、その臨床的効果および安全性を検証します。国の再生医療に対する施策を踏まえ、県内で治療用の細胞を調整、輸送、そして臨床投与できるようなネットワークの構築を目標としました。

 

研究のポイント

Cluster_point

県内の医療機関が共同で国の成長戦略の目玉でもある再生・細胞医療技術を用いて、再生医療技術を用いた県内初の多施設共同臨床研究に取り組みました。再生医療分野の市場規模は将来的には50兆円以上にもなるとの試算もあり、再生・細胞医療製品の県内初の流通を目的とする本研究は、本県における再生医療産業の発展の根幹になりえる事業となります。

研究体制

研究豊見城中央病院(管理法人)を核とし、既に同療法で先進医療を取得済みの川崎医科大学と共同で臨床研究計画を策定しました。また、研究実施にあたっては豊見城中央病院のCPCで調製した細胞を、豊見城中央病院の他、沖縄赤十字病院、中頭病院といった県内医療機関へ輸送し、それらの医療機関と共同で多施設共同臨床研究を実施しました。

研究経過

沖縄赤十字病院、中頭病院からも症例等登録が行われ、目標症例15症例に対して11症例を集積しました。
沖縄県の事業期間終了の為、既に研究登録は終了しておりますが、現在4症例が継続して研究実施中となっております。(平成28年4月現在)

先端医療実用化推進事業【H28年度~】

社会医療法人友愛会豊見城中央病院は、平成28年度より沖縄県が実施する「先端医療実用化推進事業」を受託する事となりました。同事業は、沖縄21世紀ビジョンの基本計画で掲げる「アジアにおける先端医療拠点の形成」を見据えて、先端医療技術のさらなる集積・発展と研究水準の向上を図るため、先端医療分野の研究開発を推進してくプロジェクトとなります。この事業に対して豊見城中央病院では加藤功大先端医療研究センター長をプロジェクトリーダーとした「食道再生細胞シート治療実用化研究」をテーマに応募し、沖縄県により採択されました。研究期間は最長で3年となります。
社会医療法人友愛会豊見城中央病院は、沖縄県における再生医療実施体制の本格化を目指して、「細胞シート工学」を開発した学校法人東京女子医科大学と再生医療の臨床応用とその普及体制の構築を目的とした、包括的な友好連携協定を締結しております。「細胞シート工学」の特徴は、温度応答性ポリマーを培養基材にして固定化した表面を作製できる技術にあります。温度応答性ポリマーは、32℃付近以上で疎水性に、それ以下の温度では親水性となる特性があるため、培養時(37℃)では細胞が接着可能な疎水表面を維持することができ、培養後に温度を室温程度(20~25℃)に下げることで細胞を回収することができて、コンフルエントまで培養した細胞は細胞シート化して回収することが出来ます。細胞シートは身体のどの部位の細胞(細胞ソース)からも作製することができるという点が大きな特徴であり、多くの疾患に対しての治療手段として応用が期待できる再生医療のプラットホーム(基盤)技術と考えられています。

technology_base_01
細胞シート工学技術の詳細(東京女子医科大学HPより引用)

先端医療実用化推進事業において採択された「食道再生細胞シート治療実用化研究」において、「早期食道癌ESD治療後の食道狭窄に対する細胞シート治療」の臨床研究を東京女子医科大学 先端生命医科学研究所の協力の下、社会医療法人友愛会 豊見城中央病院と社会医療法人敬愛会 中頭病院の共同臨床研究で実施する予定で、現在、実施の為の準備を進めております。

ページトップへ戻る