当院について

  • ホーム
  • >
  • 救急車心電図伝送システムについて

救急車心電図伝送システムについて

クラウド型12誘導心電図伝送システムについて、
当院の新崎循環器内科部長のインタビューが
ドコモビジネスオンラインと日経ビジネスオンラインに掲載されました。

救急車心電図伝送システムについて

一刻も早い治療が必要な心筋梗塞の早期診断につなげようと、
当院は豊見城、糸満両市消防本部と協力し、救急車内で心電図を取り、
当院に伝送するシステムを導入しました。県内では初めての導入となっております。

平成28年2月には沖縄・クラウド型12誘導心電図伝送研究会が立ち上がり、
今後県全体への広域化を目指し、さらなる学術的かつ臨床的な発展・普及のための
取り組みが活発化しています。

このような救急医療現場での積極的な活用・取り組みが広がる中で、
当院循環器内科部長新崎修先生のインタビューが下記オンライン記事で紹介されました。

記事はこちらから

■【記事】ドコモビジネスオンライン
http://www.docomo.biz/html/plus_d_medical/

■【記事】日経ビジネスオンライン
http://special.nikkeibp.co.jp/atclh/NBO/15/nttdocomo0925/vol3/

ページトップへ戻る