当院のがん治療について

About our cancer care

胃がん

加藤 功大

副院長 兼 消化器内科部長
加藤 功大

  • 日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
  • 日本消化器学会指導医・専門医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 産業医
  • 日本緩和医療学会暫定指導医
  • 日本再生医療学会認定医
  • 日本内科学会認定医
  • 日本がん治療認定医機構認定医
花城 清俊

外科 花城 清俊

  • 日本外科学会外科専門医

胃がんとは

胃がんとは

胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が何らかの原因で悪性細胞になったものです。細胞の分類としては、組織型のほとんどが腺癌です。原因としていくつかの要因が指摘され、喫煙や食生活などの生活習慣や、ヘリコバクターピロリ菌の持続感染などが原因とされています。食生活は塩分の多い食品の摂取や、野菜・果物の摂取不足が指摘されています。胃がんは、早い段階で自覚症状が出ることは少なく、かなり進行しても無症状の場合があります。代表的な症状は、胃の痛み・不快感・違和感、胸焼け、吐き気、食欲不振などがありますが、胃炎や胃潰瘍の場合でも起こります。よって胃癌の診断には胃カメラなどの検査が必要となってきます。

胃がんの治療方針

胃がんの治療は内視鏡治療(胃カメラでの治療)、外科手術、薬物・抗がん剤療法の3つが中心になり、治療法は病期(ステージ)と呼ばれるがんの進行度の程度に基づいて決まります。
リンパ節転移を認めない早期の胃がんは内視鏡治療の適応となります。当院では内視鏡治療のなかでも特に内視鏡的粘膜剥離術(ESD)と呼ばれる治療法に積極的に取り組んでいます。ESDとは、胃に発生する早期がんや前がん病変(腺腫や異型上皮)などに対して、内視鏡を用いて、高周波電流(電気メス)にて切除する方法です。術後の痛みがほとんどなく、切除翌日には歩行ができ、術後2日目には食事開始が可能です。ESD後も胃の形がほぼ元の通りに残るため、従来通りの食生活が保たれることなどメリットが大きいことが挙げられます。
外科的手術が必要な場合、病期(ステージ)Iの早期胃がんの場合は腹腔鏡手術をそれ以外は外科的手術(開腹手術)を選択しています。 また薬物・抗がん剤治療には2つの役割があります。1つは、別の臓器に転移しているため、手術(外科治療)や内視鏡治療で治すことが難しい場合に行われます。2つ目は、手術の後に行われる補助的な治療で、手術後に残っている可能性がある微小ながん細胞による再発を予防するために行います。病期(ステージ)によっては、術後補助化学療法で、治療効果が向上することがわかってきています。

当院の特徴

当院の特徴

胃癌は早期発見すれば、治癒する病気です。早期発見すれば、胃カメラでの治療、腹腔鏡手術(縮小手術)が可能です。当院付属の健診センターでは、数多くのバリウム検査・胃カメラを行っており、友愛会全体で胃癌の早期発見治療に力を入れております。また、ステージが進んでしまった場合においても、化学療法やがんの苦痛を和らげる緩和ケアを取 り入れることで、患者さんに最適となるような治療の提供を日々心がけています。

胃がん治療に関するお問い合わせ

豊見城中央病院

月〜金:8:30〜17:30 / 土:8:30〜12:30

098-850-3811