当院のがん治療について

About our cancer care

緩和ケア

ペインクリニック外来 笹良剛史

ペインクリニック外来
笹良剛史


・日本麻酔科学会標榜医、認定医、指導医
・日本ペインクリニック学会認定医

世界保健機関(WHO)では「緩和ケアとは、生命を脅かす病に関連する問題 に直面している患者と家族の痛み、その他の身体的、心理社会的、スピリチュアルな問題を早期に同定し、適切に評価し対応することを通して、苦痛(suffering)を予防し緩和することにより、患者と家族のQuality Of Life を改善する取り組みである」と定義しており、診断時から最期の看取りまで、患者と家族の辛さをとり、希望をかなえるための積極的な治療と考えられるようになっています。
がん対策基本法が制定され、がんと診断されたその時から患者とその家族が適切な緩和ケアをどこでも受けられるように改善して行く事が定められました。主治医となる全医師向け緩和ケア研修会が全国で行われ、豊見城中央病院・南部病院でも多くの医師が修了しています。緩和ケアは①病院②緩和ケア病棟③在宅緩和ケアの3段階となっており、抗がん治療中から在宅までいつでもどこでも受けることができます。 なお、ペインクリニック外来や当院では神経ブロックや心理療法を積極的に行っております。

がん患者さんを支える緩和ケアチーム

がん患者さんを支える緩和ケアチーム

なかなかとれない苦痛や症状・悩みには、専門的な緩和ケアを提供する緩和ケアチームや緩和ケア外来に紹介されます。豊見城中央病院の緩和ケアチームでは南部病院と連携し、緩和ケア担当の医師・専門の看護師・薬剤師・ソーシャルワーカー・臨床心理士・リハビリ療法士・栄養士などの多職種で構成され、主治医を手助けします。患者自らが主治医に相談しがん治療と併行して緩和ケア担当医の外来(完全予約制)を併行して受診する事も可能です。

終末期だけではない緩和ケア

緩和ケアは終末期ケアのみではありません。抗がん治療を開始する時期から緩和ケアを受けると、自分にあった無理の無い治療と落ち着いた生活を過ごせ、結果的に寿命が延びる事がわかっております。困ったとき、苦しい時には迷わず緩和ケアの相談をして下さい。

緩和ケア研修修了医師一覧 ※2018/9/1現在

緩和ケアに関するお問い合わせ

豊見城中央病院

月〜金:8:30〜17:30 / 土:8:30〜12:30

098-850-3811