部門紹介

Introduction of divisions

治験管理室

治験管理室長 橋本孝夫

治験管理室長 橋本孝夫

このたびは、豊見城中央病院 治験管理室にアクセス頂き誠にありがとうございます。
治験管理室では倫理的かつ科学的に質の高い治験を安全に実施するために治験管理室長以下、専任のCRCで組織編成し、新たに2016年10月1日より運用を行っております。
当院は1980年創立以来、医療、保健、福祉で患者様に良質な医療とサービスを提供するよう努めてきました。科学的な根拠に基づいた良質な医療を提供すること、新薬の候補を多くの皆様に知っていただき、新たな治療に繋がる新薬の候補の有効性と安全性をしっかり見極めることを専任のCRCおよび当院のスタッフがサポートしております。
治験管理室として稼働して日はまだ浅いのですが、2006年から院内で様々な治験を実施しておりますので詳しくは当部署のホームページをご覧になってください。
今後とも、より良い医療を皆様にご提供して参ります。どうぞよろしくお願い致します。

当院での治験に関するご相談ならびに調査依頼などございましたら、ご遠慮無く下記へご連絡下さい。
【 豊見城中央病院 治験管理室 問い合わせ窓口 】
落合:070-6591-4046(ochiai.tomishirocentral.hp@gmail.com)

当院治験実績

フェーズ対象疾患
2018年度PⅢ腎臓病
PⅢ腎臓病
PⅢSLE
2017年度PⅢTKA(人工膝関節置換術)
PⅢ腎臓病(2件)
PⅡSLE
PⅢ関節リウマチ(3件)
PⅢ体軸性関節炎
PⅢ肺炎
2016年度PⅢ透析中甲状腺機能亢進症
PⅢ関節リウマチ(3件)
2015年度PⅢ慢性閉塞性肺疾患(COPD)
PⅢ関節リウマチ(4件)
PⅡ全身性エリテマトーデス(SLE)
PⅣ糖尿病性末梢神経障害
PⅣ2型糖尿病
2014年度PⅢ関節リウマチ(2件)
PⅢ2型糖尿病
PⅢ心房細動
PⅢ高脂血症(2件)
PⅢSLE
2013年度PⅢ肺動脈性肺高血圧症(PAH)
PⅢ全身性エリテマトーデス(SLE)
PⅡ関節リウマチ
PⅢ関節リウマチ(2件)
PⅢ糖尿病性神経障害
PⅢ皮膚エリテマトーデス
PⅢ線維筋痛症
2019年4月1日現在

治験審査委員会(IRB)について

IRB開催予定日

毎月第3月曜日に定期開催しています。

治験審査委員会 委員名簿(PDF)

資料の必要部数及び送付についてのお願い

外部委員の先生に資料を送付するため、提出期限を守ってください。(全ての資料はA4サイズ、2穴でお願いします。)

審議資料の送付

IRBにかけるべき資料をファイリングし、13部郵送してください。また、IRB当日に使用するパワーポイントは印刷し、13部資料と一緒に郵送してください。パワーポイントは、1週間前までに電子媒体で提出してください。

【 提出先 】
〒901-0244
沖縄県豊見城市字宜保266番4 寛マンション303号室
治験管理室 宛
電話:098-891-6375  FAX:098-891-6376
※治験管理室は院外にあります。送付先にご注意ください。

治験審査委員会 会議記録

各種資料のダウンロード

治験に係わる業務手順書/治験審査委員会標準業務手順書

豊見城中央病院臨床検査基準値

2017年 当院診療実績(診療科別患者数 一部抜粋)

循環器内科

循環器内科では、狭心症の診断から治療までを一連の流れとして行っており、狭心症術後のフォローアップで他院から紹介も多く、年間600件を超える検査を行っております。循環器内科医が24時間365日院内にいる体制や、心臓血管外科医とハートチームを形成するなど、あらゆる循環器疾患に対し、いつでも迅速に対応できるよう体制を整えています。
また、県内で最初にモバイル型伝送心電図システムを導入し運用することで、救急隊との早期連携・治療を可能にしており、心不全の疾患の平均入院日数は全国に比べ5日程短くなっております。

DPC名称患者数
狭心症、慢性虚血性心疾患(検査入院)474
狭心症、慢性虚血性心疾患
(経皮的冠動脈形成術等)
283
狭心症、慢性虚血性心疾患
(血管内超音波検査等)(検査入院)
194
頻脈性不整脈145
心不全79

呼吸器内科

当院は日本呼吸器学会認定施設であり、喘息、肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺癌、間質性肺炎などは最も得意とする分野です。また、病診連携(病院-診療所の連携治療)として、本院に登録された開業医の先生と密接に連携して、日頃はかかりつけ医の先生へ、悪化時は当院での精査、入院治療が可能な体制となっております。呼吸器リハビリも充実し、急性期からリハビリの導入が試みられ、包括的な呼吸器疾患の患者様の治療を目的としております。
最新鋭の高分解能CT(HRCT)検査、県内でも数少ないPET/CT(ポジトロンCT、陽電子放出断層撮影)をはじめ、内科医の行う胸腔鏡検査などの最新の診断機器を揃えております。

DPC名称患者数
喘息(定義副傷病なし)41
慢性閉塞性肺疾患35
間質性肺炎34
肺の悪性腫瘍25
喘息(定義副傷病あり)24

消化器内科

沖縄は全国的にも胆道系疾患が多く、胆管結石や胆管炎、憩室炎に対しての症例数を多くこなしております。 離島からの患者様だけでなく、近隣地域における消化器内科の減少に伴い、当院への紹介は年々増加傾向にあり、それに応じて緊急検査も増えてきています。
上部・下部の緊急止血術、緊急胆道ドレナージは週に何件もあり、緊急手術を熟している医師が多くいる施設と言えます。

DPC名称患者数
胆管(管内外)結石、胆管炎
(限局性腹腔膿瘍手術等)
174
穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患
(手術なし)
90
穿孔また膿瘍を伴わない憩室性疾患
(その他の手術あり)
56
胆管(肝内外)結石、胆管炎(手術なし)42
食道、胃、十二指腸、他腸の炎症
(その他良性疾患)
34

腎臓内科

検診異常(蛋白尿・血尿・腎機能低下)の患者様も積極的に受け入れ、早期発見・治療を行い腎臓病の予防に努める「腎臓領域」と、経験豊富な専門医のもと、早期診断と適切なタイミングでの病気の程度に応じて治療に取り組む「リウマチ・膠原病領域」の両方を専門に治療しております。
また、当科は腎代替療法外来も積極的に行っております。腹膜透析も30例を超え、沖縄県内でも最も症例数が多く、腎代替療法が充実しております。

DPC名称患者数
腎臓または尿路の感染症113
誤嚥性肺炎108
敗血症(1歳以上)83
全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患79
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全55

糖尿病内科

血糖コントロールや糖尿病・生活習慣病のほか、内分泌・代謝性疾患や他の成人病の管理も行い、質の高い治療、看護、教育を実施しております。
入院部門では合併症の治療と内分泌疾患の精査加療を主な柱としており、外来部門では専任看護師が常駐し、各科との連携を密にしながら全身管理を図っております。
甲状腺疾患や他の内分泌異常に関しても、積極的に検索をすすめ、病態を把握して最良の治療を行っております。

DPC名称患者数
副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍
(検査入院)
110
2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシス除く)
(末梢循環不全なし)85歳未満
34
誤嚥性肺炎32
腎臓または尿路の感染症29
糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡25

小児科

一般診療科全般を扱っており、特に小児アレルギー疾患に関しては、専門医が専門外来を担当しております。
先天性心疾患、川崎病などの診断・治療のために心臓超音波などの設備があり、週1回の循環器外来も実施しております。
食物アレルギーに関しては、月~金曜日の午前中、アレルギー専門医が対応可能で、食物負荷テストの実施については、外来を受診して適応であれば、その都度実施しております。

DPC名称患者数
喘息341
急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症
(その他)
188
妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害
(出生時体重1500g以上2500g未満)
42
妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害
(出生時体重2500g以上)
41
肺炎等(1歳以上15歳未満)33

外科

当科では虫垂炎や胆嚢炎など腹部の痛みで緊急的に当院を来院され、そのまま入院となるケースが多くあります。患者様の状態に応じてそのまま手術を行うこともあり、安全で適切な治療が提供できるように、専門領域別に習熟した診療体制の治療を基本とし、外科医全員が日夜、勉強し研鑽を積んでおります。

DPC名称患者数
虫垂炎64
胆嚢水腫、胆嚢炎等56
結腸(虫垂含む)の悪性腫瘍50
ヘルニアの記載がない腸閉塞39
胆嚢疾患(胆嚢結石など)36

整形外科

整形外科では、脊椎外科、手の外科、肩・膝関節、股関節、膝関節、リウマチなど全ての分野に関して単にリハビリ治療だけでなく、手術的にも対応できる専門家及び設備を有した沖縄県随一の病院です。
年間手術件数は約2000件を超えており、特に膝関節置換術については、全国トップレベルの件数となっております。
また、単に手術数だけでなく、入院の日数が全国と比較して短いことから、ADLの向上を目指したクリニカルパスを使用することで、早期退院へ繋げられています。

DPC名称患者数
膝関節症(変形性含む)502
股関節大腿近位骨折204
股関節骨頭壊死、股関節症(変形性含む)188
前腕の骨折114
肘、膝の外傷(スポーツ障害等含む)84

形成外科

当科で多いのは母斑の患者様で、小児期の頃に複数回の入院により治療を行っております。
全身にわたる部位の先天性異常や外傷などによる後天性変形を外見・機能に配慮した治療を実践することで、患者様の社会的適応を妨げないようにしております。

DPC名称患者数
母斑、母斑症39
慢性膿皮症18
顔面損傷(口腔、咽頭損傷含む)16
骨髄炎(上肢以外)14
糖尿病足病変13

脳神経外科

脳神経外科領域の3大疾患は、脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷であり、中でも脳卒中は一刻を争う疾患です。
当科は、あらゆる脳疾患に24時間365日的確かつ迅速に対応しております。
脳疾患の中でも、特に「未破裂脳動脈瘤」の症例が多く、経験豊富なスタッフと最新の医療機関により、患者様にとって最適の脳血管内手術治療を提供しております。

DPC名称患者数
未破裂脳動脈瘤(脳血管内手術)56
未破裂脳動脈瘤(検査入院)50
非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)
(JCS10未満)
28
頭蓋・頭蓋内損傷27
脳血管障害22

心臓血管外科

循環器内科医とも連携し、あらゆる循環器疾患に対する治療を行っております。
僧帽弁閉鎖不全症に対しては自分の弁をうまく形成して人工弁を使用しない「形成術」を積極的に行っており、大動脈瘤に対しては患者様の体にとって
負担の少ない「ステントグラフト挿入術」も施行可能です。
*症例数が10件未満のものについては、患者様が特定され得るため情報は記載いたしません。

DPC名称患者数
狭心症、慢性虚血性心疾患26
弁膜症(連合弁膜症含む)
(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等
手術・処置等2あり
22
弁膜症(連合弁膜症含む)
(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等
手術・処置等1あり、手術・処置等2あり
12
解離性大動脈瘤12

産婦人科

当院は、産科・婦人科・不妊外来と3つの専門領域別に治療を行っております。
産科は妊娠中に発生する多様な疾病に対応するために、他科との連携を重視し、妊娠分娩管理をしております。婦人科では、卵巣・子宮など女性特有の腫瘍(良性や悪性)による摘出手術の症例が多くあり、病理医による腫瘍の診断も行っております。不妊外来は一般診療をはじめ、高度生殖医療や難治性不妊症に対する内視鏡手術も行っており、より自然な妊娠を希望される方にも適切な治療を提供しております。

DPC名称患者数
流産56
女性性器のポリープ40
子宮の良性腫瘍36
早産、切迫早産30
卵巣の良性腫瘍27

眼科

当科は、白内障、緑内障、各結膜疾患、ぶどう膜疾患、眼底疾患(糖尿病網膜症含む)などについて、視能訓練士により正確な検査と訓練を行っております。
手術は、白内障、翼状片、眼瞼内反症手術などを行っております。
*症例数が10件未満のものについては、患者様が特定され得るため情報は記載いたしません。

DPC名称患者数
斜視(外傷性・癒着性除く)10

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉領域全般の診療を行っていますが、特に副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの鼻疾患の手術治療に力を入れています。
当科では、扁桃、アデノイドの慢性疾患が最も多い症例数となっております。

DPC名称患者数
扁桃、アデノイドの慢性疾患41
慢性副鼻腔炎23
突発性難聴22
顔面神経障害21
扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎20

皮膚科

当科では、アトピー性皮膚炎や尋常性天疱瘡や類天疱瘡などの水疱性疾患など、さまざまな皮膚疾患の治療を行っており、その中でも症例数が多いのが帯状疱疹となっております。
皮膚膿瘍および皮膚悪性腫瘍に対しては、ダーモスコープ診断により「痛みのない検査」で皮膚腫瘍の診断を行うことが可能です。
*症例数が10件未満のものについては、患者様が特定され得るため情報は記載いたしません。

DPC名称患者数
帯状疱疹31
皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)28
急性膿皮症17

泌尿器科

泌尿器科では2名の医師が、患者1人1人に応じた治療を心がけております。
上部尿路疾患の症例数が多く、尿管結石・腎結石に対して入院にて治療をしております。
また、膀胱癌に対する手術適応や尿路感染症による抗生剤治療など多岐にわたって対応しております。

DPC名称患者数
上部尿路疾患115
膀胱腫瘍72
水腎症(その他)55
腎臓または尿路の感染症26
前立腺肥大症等25