診療科のご案内

Speciality Care Clinics

整形外科について

整形外科について

整形外科の全ての分野に関して単にリハビリ治療だけでなく、手術的にも対応できる専門家及び設備を有した沖縄県随一の病院で、年間手術件数は約2000件を数えます。それぞれの部位によって専門的特色があります。

脊椎外科

脊椎外科

伊佐真徳部長、上原邦彦副部長を中心に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などのあらゆる疾患に対応しております。手術では全症例に顕微鏡を導入し、年間の手術件数は約200件に及びます。保存的には理学療法だけでなく硬膜外ブロックなどを行い効果を上げています。

上肢の外科

手の外科

手、手関節の疾患は堀切医師を中心に、外傷、末梢神経障害、先天性疾患等に対応しています。
肩、膝関節の疾患は上原大志医師を中心に一般の骨折だけでなく、変形性疾患やリウマチに対して人工関節置換術を行っています。また、肩関節拘縮や肩腱板修復術に対しては鏡視下手術を積極的に行っており、最小の侵襲で大きな改善を得ることができるようになってきております。

手・手関節疾患
肩関節疾患
肘関節疾患

股関節

股関節

永山人工関節センター長を中心に重度の変形性股関節症やリウマチに対して人工股関節置換術を行っており、年間手術件数は約150件に及んでおります。また若年者や軽度の患者様に対しては骨盤や大腿骨の骨切り術などを行っています。低侵襲性の手術も手掛けており、これらの手術は県内のパイオニア的な存在であり、最も多くの症例経験を有しております。

膝関節

膝関節

変形性膝関節や関節リウマチに対しては関節グループ全員で診療にあたり、主に人工膝関節置換術手術を行っています。人工膝関節置換術は約500件を超え、日本全国でもトップクラスの手術件数です。また関節鏡手術も行っております。スポーツ整形外科の領域では、毛利副院長を中心に靭帯再建、鏡視下手術を行っております。

リウマチ

リウマチ

火曜日と木曜日に内科医と共に専門外来を行っています。リウマチにより破壊された肩・肘・膝・股関節には人工関節置換術を行っています。上肢の手術治療は主に堀切医師、岩田非常勤医師が担当しており、リウマチ手や肩、肘の再建手術を行っています。

整形外科 手術実績

2012年からの年間手術件数や、部位別の手術件数などをまとめています。
期間は年間(1月〜12月)で集計しています。

整形外科についての関連情報

整形外科の診療に関するお問い合わせ

豊見城中央病院
月〜金:8:30〜17:30 / 土:8:30〜12:30

098-850-3811